釣りバカ日誌リローデッド
釣りの話題はないかも。。。
プロフィール

タンカレー

Author:タンカレー



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

deleteのお話 前編
3日に1度は更新しようと心がけているが、いかんせんネタが無い。
まっネタの宝庫とも思える芸能界ですら週1ペースだしな。。。
ましてや、一般人の俺ではネタなんて1ヶ月で尽きてしまうさ。
まっ、このブログを見てるPG・SEがどれだけいるか知らんが、お仕事の話でもするか。

さて、下のコードよく見かけますよね。((。_。)((。_。)ウンウン

if(pointer){
delete pointer;
}

null値の場合にdeleteを行わないように、念には念を入れた行儀のよいコードですね。
一見すると正しいことを言っているようですが、これはカルフォル二ア産の伊予みかん、米国産の和牛と言っているようなもの。
ぇー
ゴホ

このif文は100%ジャンクコードDeath!


null値に対してdeleteを行っても、まるで会議で部長の発言がスルーされるがごとく何も起こりません。
え!ホント?て声が聞こえてきそうですが、これはC++の仕様です。
なぜ巷にこのコードが氾濫しているかは次回お話しするとして、先ずは簡単なコードを書いてお試しあれ。



今日も歯に衣着せ発言!
タンカレー
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://lifeaquatic.blog26.fc2.com/tb.php/8-3adb1f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。